保険会社の基準

保険会社が示談金を提示してくるときに、口にしてくるのはこの辺りが相場ですというセリフでしょう。ですが、相場があるのかといえば、実際にそんなものはありません。交通事故は、似たような状況はあったとしても、同じ条件で揃うようなことがないからです。

通院日数にも差が出てきますし、そもそも同じ人ではないのですから、年収も違いがあるでしょう。それなのに相場などがあるわけがありません。逆に言うと、自分がむち打ちになったからといって、後遺障害が残ってしまったような人と同じだけの慰謝料ももらえないということです。

だからといって、保険会社の提示してくる示談金をうのみにする必要もありません。弁護士に依頼して準備を進めていくというのもひとつの方法です。保険会社には、自分たちが計算した算定基準があります。これは、裁判になったときに出てきた判決に比べると、かなりの定額になるといえるでしょう。

これを知っていれば、保険会社の提示金額が納得いかないものであるのがわかります。実際に不満が残るような金額が多くなるのは、保険会社は自分たちの算定基準しか元にしないで示談金を割り出してくるからです。弁護士に依頼して準備を進めて対応するのも、こうした意味があるといえるでしょう。

関連:準備は事故の直後から